総領事館:感染症の流行に関する注意喚起 

務省渡航情報の発出:感染症の流行に関する注意喚起 2012.12.28



 外務省から、次のとおり感染症の流行に関する渡航情報(広域情報)が発出されていますのでお知らせします。

 日本への一時帰国を含めて,海外旅行を予定されている方は,渡航先の感染症流行状況などを事前に確認し,必要な予防対策を心がけるようお勧めいたします。



==========================================

情報種別:渡航情報(広域情報)

本情報は2012年12月28日現在有効です。

年末年始に海外旅行をされる方へ~冬季に流行する感染症にご注意ください~ 2012年12月28日



※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。

※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。

※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。



 年末年始には海外へ渡航される方,また海外から日本に一時的に帰国される方が多くなりますが,現在,日本国内並びに海外において,ノロウィルス及び季節性インフルエンザの流行が報告されています。



1  ノロウィルスは世界中に広く分布しています。アメリカ,イギリス,ニュージーランド,オーストラリア,フランス,スペイン,オランダ,アイルランド,ス イスなどで感染が報告されています。ノロウィルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年を通じて発生しますが,特に冬季に流行しやすいとされています。

2  また,季節型インフルエンザについては,WHOは,12月21日現在,2012年~2013年冬季の流行について,米国,カナダ,ノルウェー,英国,北 部アイルランド,中国など北半球各国で流行が確認されていると発表しています。香港A型が最も多く,次にB型,A(H1N1)2009年型の流行発生が報 告されています。

 海外旅行に行く方は,渡航先の感染症流行状況などを確認し,手洗い・うがいなどを行うなど,感染予防に心がけましょ う。また,海外から日本に一時帰国される方は,滞在先でのノロウィルス・季節型インフルエンザなどの流行状況を確認し,手洗い・うがいの励行に努めてくだ さい。また,万が一感染したときに備え,滞在先における年末年始に利用可能な医療機関について確認することも大切です。



○参考情報:

(ノロウィルスについて)

 厚生労働省:ノロウィルスに関するQ&A:

 http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

(季節型インフルエンザについて)

 WHO:Influenza virus activity in the world(21 December 2012)

 http://www.who.int/influenza/gisrs_laboratory/updates/summaryreport/en/index.html

(日本国内の感染症流行状況について)

 国立感染症研究所感染症情報センター

 http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html



(問い合わせ窓口)

○外務省領事サービスセンター

  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関係課室連絡先)

○外務省領事局政策課(海外医療情報)

  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850

〇外務省 海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp 

          (携帯版)  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp





∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

  在ミュンヘン日本国総領事館 領事警備班 

  TEL:089-417-6040

  FAX:089-470-5710

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵